ECサイト制作にかかる費用の目安

ECサイト制作にかかる費用の目安

ECサイトは通常のホームページとは機能が違うため、様々な面で別のものと考えるといいでしょう。
もし開発会社に依頼するとしたら、数十万からもっとたくさんの費用が発生してしまいます。
ただし、既存のショッピングカートをレンタルするという方法もあるため、こだわりがなければそちらを使う方が簡単になります。
大手でも月に一万円前後が基本費用の目安となりますが、オプション利用料などで値段は上がっていきます。
レンタルする場合でも制作会社にデザインを依頼する事は可能であり、この方法がECサイト制作のメジャーなものかもしれません。
依頼した部分は完成すれば終わりなので、あとはレンタルの月額利用料を払っていく形になります。
また、売上の何パーセントかを支払う場合もあるため、自社の商品の売り上げを流したくない場合には、まず初めに前提条件を確認しておくといいでしょう。
大手の利用が向いている場合と、個人店舗型が向いている場合とがあるからです。

補助金を使ってECサイトを制作し運用する

既に商品を開発して販売し、これからECサイトでも売れたらいいと考えている企業には、補助金を使ってECサイトの制作をお勧めします。
IT導入補助金2022というものがあり、これまでIT化されていなかったものに対し、IT化して効率を上げようという方針が定まっているのです。
ECサイトは難しいものと思われがちですが、現在では既に完成した物に間借りする形で開店が可能であり、慣れていればそれほどのものでもありません。
自社の商品に合ったタイプの店を選び、初めの細々とした作業は大変ですが、それを済ませてしまえば運用は慣れになります。
もし自社内にパソコンに詳しいスタッフがいないようなら、外部に依頼して作ってもらう事も可能なので、検討しましょう。
IT化とは言いますが運用面と開発面とではレベルが違うため、作る部分はプロにやってもらい、運用面で頑張って覚えつつ使って行くという形が、難しいながらも可能なラインと言えるでしょう。

著者:小高清次郎

筆者プロフィール

兵庫県神戸市生まれ。
ECサイト制作で失敗しないために、サイト制作にかかる期間や種類について執筆しています